利用規約

本利用規約(以下「本規約」といいます。)には、「HRアナリスト(エイチアールアナリスト)」および「HRアナリスト」に付随するオプショナルサービス(以下「本サービス」といいます。)の提供条件及びシングラー株式会社(以下「当社」といいます。)と本サービスの利用企業、団体、個人等の皆様(以下「ユーザー」といいます。)との間の権利義務関係が定められています。本サービスの利用に際しては、本規約と別途定める個人情報保護方針の全文をお読みいただいたうえで、本規約に同意いただく必要があります。

第1条 (本規約の範囲)

本規約は、ユーザーと当社との間の本サービスに関する一切の関係について適用されるものとします。

第2条 (本サービスの申込方法)

ユーザーは、本規約を確認の上、同意の際は当社指定のサイトから申込フォームに記入して申し込むものとします。

第3条 (本サービスの範囲)

ユーザーは、コンピューター端末、通信機器、通信回線その他ユーザー利用者が本サービスを利用するうえで必要となる利用環境を自らの費用と責任で調達、保持及び管理するものとします。

第4条 (利用申込の承諾)

  1. 当社は、申込希望者から本サービスの利用申込があった場合は、本サービスを提供するために必要なシステム環境に余裕があるときに限り、本サービスの利用申込を受け付けた順序に従って、かかる利用申込を承諾します。
  2. 当社は、前項の規定にかかわらず、次の各号に掲げる場合には、本サービスの利用申込を承諾しないことがあります。
    1. 当社に提供した登録事項の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあったとき。
    2. 本サービスと類似又は競合するウェブサイト又はサービスを運営しているもしくは運営に協力しているとき。
    3. 登録希望者が過去当社との契約に違反した者またはその関係者であると当社が判断したとき。
    4. 申込希望者が本規約に定める条件に違反するおそれがあると当社弊社が判断したとき。
    5. 当社が本サービスを提供するために必要なシステム環境を整備、維持及び保守することが技術上著しく困難なとき。
    6. その他、当社が登録を適当でないと判断したとき。

第5条 (ユーザー情報)

  1. 当社によるユーザー情報の取扱いは、別途定める個人情報保護方針に定めによるものとします。
  2. 当社は、ユーザーより提供を受けた個人情報をもとに、個人を特定できないよう加工した統計データを作成することがあり、個人を特定できない統計データについては、当社は何ら制限なく利用することができるものとします。
  3. 当社は、本サービスのシステム不具合の原因追求やユーザーより要請があった場合等、ユーザーの利用履歴を閲覧・確認することができるものとし、ユーザーはこれを予め承諾するものとします。

第6条 (禁止事項)

  1. 次の各号に定める行為を禁止事項とします。
    1. 本サービスを当社が認めた利用目的以外の目的で使用すること。
    2. 本サービスを利用した、営利目的での情報提供行為。
    3. 本サービスを利用するためのユーザーID及びパスワードを、第三者に利用させる行為。または、貸与・譲渡・名義変更・売買等に類する行為。
    4. 本サービスの複製、分解、追加、付加、編集、消去、削除、改変、改造その他方法、態様の如何を問わず、提供物の現状を変更すること。
    5. 本サービスのリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルその他方法、態様の如何を問わず提供物の解析を行うこと。
    6. 本サービスにつき、有償無償を問わず、譲渡、転貸、質入、担保設定その他態様の如何を問わず占有の移転、使用権の設定等を行なうこと。
    7. 本サービスを受ける権利の譲渡、再許諾、再販売、担保設定その他態様の如何を問わず使用許諾等を行なうこと。
    8. 著作権表示、所有権を表す標章等を削除、除去その他方法、態様の如何を問わず変更すること。
  2. 前項に加え、ユーザーは、本サービスについて次の各号に定める行為を行ってはならないものとします。
    1. 当社又は第三者の財産権(知的財産権を含みます。)、プライバシー、名誉、その他の権利を侵害する行為。
    2. 本サービスを違法な目的で利用する行為。
    3. 第三者になりすまして本サービスを利用する行為。
    4. 意図的に虚偽の情報を登録する行為。
    5. 意図的に有害なコンピュータープログラム等を送信する行為。
    6. 当社の設備に無権限でアクセスする行為。
    7. 本サービス及びその他当社の事業運営に支障をきたすおそれのある行為。
    8. 法令、本規約もしくは公序良俗に反する行為、当社もしくは第三者の信用を毀損する行為、及び当社もしくは第三者に不利益を与える行為。
    9. 反社会的勢力等に関連する組織に属する行為、反社会的勢力に利益を与える行為、または反社会的勢力を利用する行為等、もしくはそれらの恐れのある行為。
    10. その他前各号に該当する恐れがある行為又はこれに類する行為。
    11. ユーザーは、本条の規定に違反して当社の設備等を毀損したときには、当当社指定する期日までにその修繕その他の工事等に必要な費用を支払うものとします。

第7条 (利用資格の停止)

当社は、ユーザーが次の各号に掲げるいずれかの場合に該当すると判断したときは、ユーザーの本サービスの利用資格を、当社が必要と判断する期間、停止することができるものとします。

  1. 第6条の規定に違反したとき。
  2. 当社の名誉もしくは若しくは信用を毀損したとき。
  3. 前号のほか、本規約に反する行為であって、本サービス又はIP 通信網サービスに関する当社の業務の遂行又は当社弊社の電気通信設備に支障を及ぼし、又は及ぼすおそれがあると当社が判断する行為をしたとき。
  4. 当社に損害を与えたとき。
  5. その他、ユーザーとして不適当と当社が判断したとき。

第8条 (利用料金)

  1. ユーザーは、本サービス利用の対価として、別途当社がウェブサイト上で定める利用料金を当社が定める支払い方法にて支払うものとします。
  2. 本サービス利用の契約(以下、「本契約」といいます。)が終了した場合、ユーザーは、利用料金を、本契約が開始した日の属する月及びそれ以降の各暦月について支払うものとします。 なお、本規約に定める場合を除き、契約が月の中途で終了した場合であっても、当暦月に係る利用料金は減額されず、日割り計算は行わないものとします。
  3. 契約期間において、第7条に定める事由により、ユーザーが本サービスを利用することができない状態が生じた場合、ユーザーはかかる期間中の本サービスの利用料金を負担するものとします。

第9条 (利用料金及び設定手数料の扱い及び支払方法)

  1. 当社は、第8条に言及する本サービスの利用料金を、次の各号に掲げる条件に従って扱います。
    1. 本サービスの利用料金及び設定手数料その他の計算において、その計算結果に1円未満の端数が生じた場合は、その端数を切り捨てます。
    2. 当社は、ユーザーから支払われた金額について、その充当すべき料金等の指定がないときは、当社が別に定める順序で充当します。
  2. ユーザーは本サービスの利用料金及び設定手数料の支払いについて次の各号に掲げる事項を遵守して支払いを行なうものとします。
    1. 当社が定める期日までに、支払期日の到来する順序に従って支払うこと。
    2. 当社が別途、指定する金融機関等において支払うこと。
    3. 振込手数料等、支払いにかかる手数料はユーザー負担とすること。
    4. 入金が支払期日を超えた場合、当社は支払期日の翌日から完済するまでの期間について、年14.6%の割合で計算した額を遅延損害金として、ユーザーに請求する事ができるものとします。

第10条 (当社による契約解除)

当社は、次の各号に掲げる事由のいずれかが発生した場合、あらかじめユーザーに通知することなく、本契約を解除することができるものとします。

  1. 当社が、ユーザーの本サービスの利用資格を停止した後、合理的な期間が経過したにもかかわらず、なおかかる利用資格の停止の原因となった事実が解消されないとき。
  2. ユーザーが、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、もしくはもしくは特別清算開始の申立を受け、又は自ら申立をしたとき。

第11条 (ユーザーによる契約解約)

ユーザーは、解約希望月の前月末迄に、当社指定の入力フォームでの届出を行うことにより、本契約を解約できるものとします。

第12条 (契約終了後の措置)

  1. 本規約に従い、本契約が終了した場合、ユーザーは当社の指示に従い、本サービスの利用終了にかかる手続きを行うものとします。
  2. ユーザーは、第8条に従い本サービスの利用料金の支払いを行うとともに、本サービスに関連して発生した当社に対する全ての債務を、当社の指示する方法で支払うものとします。 なお当社は、本契約終了までの期間の長さに関わらず、既に支払われた本サービスの利用料金については一切払い戻しいたしません。
  3. 本契約が解約された場合又は本契約が終了した場合でも本条、第17条、第18条については、効力を有するものとします。

第13条 (メンテナンス)

当社の定める日程でシステムのメンテナンス作業を行うことがあります。ユーザーは、かかるメンテナンス作業実施中は本サービスを利用できないことがあります。

第14条 (本サービスの中断)

当社は、以下の各号のいずれかに該当すると判断した場合、ユーザーへの事前の通知又は承諾を要せず、一時的に本サービスを停止できるものとします。 この停止により利用者に生じた損害について、当社は一切責任を負わないものとします。

  1. メンテナンスを緊急に行う場合。
  2. 火災、停電等により、本サービスの提供ができなくなった場合。
  3. 地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合。
  4. 戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合。

第15条 (本サービスの終了)

本サービスは事業縮小・又は会社倒産の場合、当社の判断により一部または全てを終了できるものとします。 その際、本サービス終了の1ヶ月前に当社より通知を行うものとします。本サービスを終了した場合、終了日から90日間データを保存し、速やかにユーザーに関するデータを全て削除いたします。

第16条 (反社会勢力の排除)

  1. 当社及び利用者は、相手方に対して、次の各号について表明し、保証するものとします。
    1. 自らの役員に暴力団、暴力団関係企業、総会屋等の反社会的勢力(以下、 総称して「反社会的勢力」という)の構成員がいないこと。
    2. 反社会的勢力の構成員が自らの経営に実質的に関与していないこと。
    3. 反社会的勢力に対して資金を提供又は便宜を供与する等、反社会的勢力の維持運営に協力、関与していないこと。
    4. 自らの役員が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していないこと。
  2. 当社及びユーザーは、相手方に対して、自ら又は第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを保証するものとします。
    1. 脅迫的な言動又は暴力行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 風説を流布し偽計又は威力を用いて相手方の信用を毀損する行為
    4. 相手方の業務を妨害する行為
    5. その他前各号に準ずる行為
  3. 当社及び利用者は、相手方が前二項に違反した場合、相手方に何ら通告することなく、本契約の全部又は一部を解除することができるものとします。当社及びユーザーが前項に基づいて本契約の全部又は一部を解除した場合、相手方に損害が生じてもその賠償責任を負わないものとします。

第17条 (責任の制限)

ユーザーが本サービスの利用により第三者(他のユーザーも含みます。)に対し損害を与えた場合、ユーザーは自己の責任でこれを解決し、当社にいかなる責任も負担させないものとします。

第18条 (権利義務の譲渡)

ユーザーは本規約より生じる権利及び義務の全部又は一部を第三者に譲渡し、又は担保の用に供してはならないものとします。

第19条 (本規約等の変更)

当社は、本規約の内容を変更することができるものとします。 規約の変更は、本サービス上その他当社が適当と認める方法で告知し、ユーザーが本サービスの利用を継続する場合は当該変更を承諾したものとします。 ただし、別途当社とユーザーの間で合意がある場合、この限りではありません。

第20条 (分離性)

本規約のいずれかの条項が無効とされた場合であっても、本規約の他の条項は、継続して完全な効力を有するものとします。

第21条 (解釈、準拠法及び管轄裁判所)

  1. 本規約の解釈を巡って疑義が生じた場合,当社は合理的な範囲でその解釈を決定できるものとします。
  2. 本規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては日本国法が適用されるものとします。
  3. 本規約に関するすべての紛争については、東京地方裁判所を第1審の専属管轄裁判所とすることを予め合意します。