2017年10月10日より、HRアナリスト 人材分析の英語版の提供を開始いたしました。

導入申し込み・無料デモ: https://hr-analyst.com/inquiry/

■英語版をリリースする背景
人材分析サービス『HRアナリスト』は、8月28日にサービスリリースしてから約2ヶ月間で多くの企業様からお問い合わせを頂き、導入も順調に進んでおります。
その中で、日本人応募者と同じ視点で海外現地応募者を分析したいという声にお応えし、人材分析サービス『HRアナリスト』の英語版のリリースに至りました。
また、各業界で人手不足による経営へのインパクトが大きくなり、海外現地採用への関心が急速に高まっています。

■人材分析サービス『HRアナリスト』英語版の特徴
・英語でのアンケート回答が可能
応募者は英語で受検し、人事担当は日本語で結果を出力することができ、応募者に英語で人材分析をご利用いただけます。

・海外現地応募者とのミスコミュニケーションを回避
海外現地応募者との面接では言語の壁や、細かな言葉のニュアンスや文化の違いにより、誤ったコミュニケーションをしたまま採用してしまうことがあります。
『HRアナリスト』英語版では事前のアンケートヒアリングにより、どのような人材なのかを分析し、適切なコミュニケーションを提案します。

・日本人応募者と相対分析が可能
日本人応募者にも『HRアナリスト』を導入頂くことで、日本人人材と海外現地人材を同じ分析軸で人材分析することが可能です。よって、相対分析をすることでよりイメージを明確に持って採用活動を進めることができます。

導入申し込み・無料デモ: https://hr-analyst.com/inquiry/